やんばるに来たら必ずと言っていいほど行く場所。
いつもチン(=クロダイ)やミキユー(=ユゴイ)が釣れる、とっても頼りになるポイントです。

ただしこのときは干潮真っ只中、川はサラサラと流れる清流のようになってます。

「こんなときはいつもユゴイが良く釣れるんだよな~」
なんて思いながら流れの中にキャストを繰り返しますが魚からの反応は皆無。

なんかおかしい・・・


ならばと今度は水深のある河口部に移動。
対岸にある木のカゲになった部分にポッパーを投げてポコポコポコ・・・



ドゥボフッッ!!

場所を変えたらいきなりヒットしました。

ターポン1
35cmぐらいのターポンです。

タテにバックリ!
ベビーポッパーをタテにバックリ食べちゃってます。
「喰いつく」というより、周りの水ごと吸い込んでエサを捕食するこの魚。
きっと真下からポッパーを吸い込んだのでしょう。

そしてその次のキャストで同じラインを流すと・・・

ポコポコポコ・・・・・ボヒュッッ!


ターポン2

また同じサイズのターポンです。
さらに数キャスト後に同サイズのターポンを追加。
ターポン(ほぼ)3連発です。

それにしても・・・

はじめてターポンを釣ったと思ったら、今度はターポンばっかり釣れるようになってしまいました。
このポイントは何度も釣りに来ているけど、もちろんターポンははじめて。
違っているところといえば、今まで無かった倒木が沈んでいるところでしょうか。

そういえば初日に釣れたターポンも倒木がらみのポイントだったような・・・

ターポン=倒木パターン成立か!?


しかし後が続かなかったので、さらに場所を移して干潮で出来た湾内の広いシャローを狙います。
シャロー!

そのなかでも流れがあるようなトコロにルアーを通すと、いつも通りにコトヒキの猛攻を受けます。
いっぱいいるコトヒキ
変わらないコトヒキの反応にちょっと安心したりして・・・

他にはシジャー(=ダツ)がウロウロしていたらしく、油断していたら大事なルアーを連れていかれてしまいました。


そんな湾内で釣りをしているときのこと。

ビターン!ビターン!

遠くで何かが水面から出たり入ったりしています。
はじめは鳥がダイブして、それが溺れているのかと思いました。

正体は、なんとマンタ(=イトマキエイ)。

ちょっと小さめでしたが、テレビで見たのと同じようにちゃんと跳んでましたよ。
こんなところで見れるなんて、さすがはやんばる、ちょっぴり感動してしまいました。


突然のことだったので画像に残せませんでしたが・・・


陽が高くなると暑くなってきたので、次は涼しい渓流にでも行ってみようかな。


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ 沖縄釣行記へ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/438-644d0883