秋晴れの青山通り(国道246号線)を渋谷方面から表参道を抜け、
まだ早い紅葉見物客でにぎわう神宮の銀杏並木前を通りすぎ、
外苑東通りの交差点を経て、東宮御所沿いをしばらく行くとありました。

豊川稲荷東京別院



中に入ってみると都会の喧騒から離れた別世界があります。
091121豊川稲荷1
でっかい銀杏の樹がお出迎え。
もう少しすれば、ここも黄色の銀杏の葉が舞ってキレイでしょうね。

ここは愛知県にある豊川稲荷の東京支店。(別院といいます。)
「豊川咤枳尼真天(とよかわだきにしんてん)」という商売繁盛の神様を祀っているところです。

創建は1800年代後半、正式に豊川稲荷の別院になったのは明治になってから。
けっこう新しいです。

「お稲荷さん」なので神社かと思いきや、曹洞宗の寺院だそうです。
???
これは明治期に神社とお寺を分けましょう、といういわゆる「神仏分離」を免れたところのようです。
ということはこの形が昔は一般的だったってこと

ともかく、あの水戸黄門シリーズと並ぶTBS勧善懲悪時代劇「大岡越前」でおなじみの
あの大岡越前さんが招いた()由緒正しきお寺さんです。

やっぱり今でもパワーを維持しているお寺さんは違いますね。
建物も立派です。091121豊川稲荷3
ちょっと建物がぎゅうぎゅうに建ってる感がありますがそれもまた良し。
なんだか「骨太」な感じがして好きです。

コチラは別方向。お稲荷さんのシンボル、お狐様のしっぽがちょろりと見えます。
091121豊川稲荷4


前々回の記事でも書きましたが、
渋谷から青山の人混みがここまで来るとグッと少なくなりますので、
ほっと一息つくにはもってこいの場所です。

また、お向かいには羊羹でおなじみの「とらや」さんがありますのでおみやげの心配もなし。

これはあとで知ったのですが、豊川稲荷にある売店では「いなりずし」が名物として売っています。
091121豊川稲荷5
うぬぬ~、知ってれば絶対買ったのに~。
今度行ったら絶対買ってやる

売り切れることもあるようですから要注意です。

次はいなりずしが買えるように応援してください。応援のポチッと。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
←FC2さんのランキングバナーもついでにポチッと。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/43-2a171217