クロダイ釣りに夢中になっていたので、ちょっぴり忘れてしまっていました。
今回の釣りのもうひとつの柱、シーバス(=スズキ)釣り。
前回イマイチだった釣果のリベンジを果たさなきゃいけないんでしたね・・・

そういえば今日の夜明けまでもシーバスは釣れなかったし(バラし1回のみ)、
クロダイ釣りの最中にもシーバスを見かけませんでした。
(いつもはクロダイ釣りのときにシーバスを見かけることが多いそうです)

ということは今回もシーバスは苦戦しそう?!


案の上、いくつかのポイントを周ってもルアーに反応する魚影はなく時間だけが過ぎていきます。

「クロダイ釣りもたっぷりやったし、雨も降り続けているから今日はもういいかな?」
っていう空気が船中を漂いはじめた頃、船長さんがボクらに提案してきました。

「これから大きく移動してみる?それともちょっと早いけど上がる?」

一瞬「このまま上がっちゃおうかな~」っていう悪魔の囁きが聞こえてきましたが、
ハッと我に帰ったボクはハッキリとこう言いました。

「やります。やらせてください。」(=釣ります。釣らせてください。)と・・・

その言葉で気合を入れなおして船は一気に東京湾を南下します。
東京湾を南下中。




はじめに入ったポイントで船長さんにいきなりこの日最大67cmのシーバスがヒット!
やってくれます、すっかり煽られてしまいました。

しかしヒットは続かずまたも沈黙の時間が流れます・・・


そしてついにその時がやってきました!
次に入ったポイントでようやくシーバスの群れにアタったようです。

サイズは平均して45cm前後とやや小さいながらもポンポンとアタリます。
やがて釣れる場所にある一定の条件があることがわかりました。
それをハズすとほとんどアタリません。
そのかわりその条件にあったところを通すと・・・

シーバス!

ワンキャスト・ワンヒット!

いいえ、ヒットしたシーバスがバレてしまっても、はずれたルアーにまたヒット!
ワンキャスト・ツーヒット、スリーヒットだって起こります。
そして釣れば釣るほど魚たちの活性は上がっていくようです。

このときの当たりルアーは8cm前後のミノー。
釣ったシーバスが吐いたカタクチイワシと比べてみても釣れる理由がはっきり判ります。
これぞマッチ・ザ・ベイト。
マッチ・ザ・ベイト!

さすがにひとつのポイント(橋脚)でしばらく釣っているとアタリも減ってきました。
でも隣の橋脚に移動して同じ条件の場所を通すと・・・

同じように釣れてくる!

その頃になってくると、

船首で一番いいポイントにキャスト
→ヒット!→ファイトしながら船の中央に移動(→ランディング)→後で釣っていた人が船首に移動
→船首でいいポイントにキャスト→ヒット!→ファイトしながら船の中央に移動(→ランディング)
→後で釣っていた人が船首に移動→・・・繰り返し・・・

夢のシーバスローテーションが完成しました!
釣れてるぞ!

ボクとOとのWヒットは当たり前、船長さんも含めてのトリプルヒットも何度かありました。
そしてついにボートの大型クーラーが一杯になってしまい、物入れとして使っていたクーラーも釣れた魚用に。
すごい!すごいぞ!ボクら釣れてるぞ!
さっきまではシーバスってどこに居るの?ってカンジでしたが、これぞまさにミラクル!


爆釣状態は1~2時間も続いたでしょうか。
やがてシーバスからのアタリはなくなり、ボクらの長かった一日の釣りも終了。

帰りのボートでは二人ともぐったり。
やりきった満足感と一日の釣り疲れでOは雨に打たれながらもバッチリ寝ていましたよ。
そしてボクも同じく夢の中。


そしてシーバス釣りの最終結果はというと・・・
45~67cmまで80~90匹!!船長さん曰く、90kg(!)くらいですって。

ちなみにこちらの船長さん、「漁師さん」なので釣った魚は原則キープします。(希望すればリリースも可)
そして漁港に卸して市場に流通させているので、ボクらは割安な料金でチャーター船に乗れるんだそうです。
今回釣ったシーバスたちも東京のどこかのレストランで食卓を飾ったことでしょう。


最後に一杯になったクーラー(これが釣った魚の全部ではありません!)の記念撮影。
これぞまさしく水揚げ。大漁です。
大漁


次は100kg越えを目指しますよ!


全米バスプロのお宝で震災復興!オークション開催中ですって。
東日本大震災オークション


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/425-0c5e1d2a