いよいよ琵琶湖も最終日。
今日は琵琶湖をホームにしているEES釣り部メンバー市長さんとその仲間コイデくん。
二人ともボートオーナーで、この時期の琵琶湖を知り尽くしているハズ。
特に市長さんはガイドもしている手練れなのでものすごく期待できます。

これはもうデカバスはもらったも同然でしょう、そうでしょう。

大物が一匹でも釣れれば、後はどうだって構わないのです。
それまでのショボイ釣りなんて忘れてしまえます。
最高のゴールデンウィークに出来るのです。

さあ、ボクに大物を釣らせておくれ!


前半は市長さんのきれいなバスボートに乗船。
昨日までの南湖の釣りとは違って超シャローをクランクベイトでガンガン流していきます。
ただし市長さん、1ヶ月ぶりの琵琶湖だそうで今の湖の状態はわからないそうです。
しかも湖畔の田んぼでは代掻きが始まっているみたいで、
各流入河川からはフレッシュなドロ濁りがドバドバ流れ込んでいます。

それでも市長さんはシャローをひたすら打ち続けていきます。
よほどこの釣りに自信があるのでしょう。心強いです。

彼の釣り方で、特に参考になったのはシャロー攻めのアプローチ。
ボクとは比較にならないほどの距離を正確に投げ、結構なスピードでボートを進めていく釣り方は圧巻でした。
いや~キャスティングの技術もそうだけど、タックルバランスも考えなくちゃいけませんね。
手返しがここまで違うと魚を釣る確率は大きく違ってくるでしょう。

でも今日の北湖は(も?)厳しかった。
市長さんのシャロークランクに1バイトあっただけでタイムアップ・・・

いかん、釣りに集中しすぎて写真撮り忘れた。


そしていよいよ後半はコイデくんのボートに乗り換えて、本当の本当に最後のチャンスに賭けます。

コイデくんの釣り方は市長さんとは違って、数箇所のポイントを周りながらゆっくり丁寧に釣っていくもの。
これはボートの機動力の違いにもよるものなのでしょうが、この釣り方でフクヤマくんは本日2本釣っています。
ボクにも釣らせておくれ!

この釣り方では大物は期待できないものの、魚の反応は感じられます。
それでも釣り上げられなくてごめんなさいね。

悩むコイデくん。

コイデくん、自分の釣りはそっちのけでなんとか釣らせてくれようと考え込んでいます。
「釣って欲しいなぁ~」、何度このセリフを聞いたことか・・・

「残り10分ですね。」

もう今回の琵琶湖釣行に残された時間もあとわずか。
このまま、また夢を見たことにしてしまおうか(初日の記事参照)・・・と考えていると・・・

コンッ!

きたきたきた~!

最後の手段ゲーリヤマモトプロセンコー、高たんぱくカラーのジグヘッドリグにヤングバスがヒット!

「やりましたね!」船上ではコイデくんが大喜び。
「いやいやまだ釣り上げていないから、喜ぶのはまだ早いって!」

無事に釣り上げなくてはいけないという思いが強くて、かなりギクシャクした動きになっていたに違いありません。
小さいバスにオッサン二人がドタバタしながらやっと無事ランディング。

あらためて見るとかなり小さい。

「よかった~」

超大物が釣れたかのように二人はガッシリと握手。
ボクなんてこころのなかでは抱擁してましたよ。
そして釣らせなくてはというプレッシャーから開放され、ヘナヘナとへたり込んだコイデくん。
そんなにもプレッシャーが掛かっていたのね・・・

なんていい人なんだ!

サイズはともかく感動しましたよ。久しぶりに。

そしてそのままタイムアップ。

一方、市長さん艇は後半南湖へ下ってクランクを引き倒し、市長さんがグッドサイズを釣り上げた模様。
同船したフクヤマくんは前半の2本のまま追加は出来なかったようです。

その笑顔がニクイね。
それでも彼も楽しそう。

今日もなかなか琵琶湖らしさを感じることが出来ないまま終了となってしまいました。
そして今回の琵琶湖旅もこれで全日程終了です。

これからUターンラッシュのなか、東京までロングドライブかぁ・・・


最後に・・・

今回の琵琶湖釣行ではいろんな方にお世話になりました。
この場をお借りしてお礼させていただきます。

「ありがとうございました。またよろしくおねがいします。」

結果が出せなかったために課題の多く見つかった今回の琵琶湖釣行。
なにより、「どんな状態のバスを」「どんな場所で」「どんな釣り方をして釣りあげるか」を考えてから臨むべきでした。
はっきりした「計画」があればその後の「行動」と「結果の考察」がやり易いしね。

こんどは事前にたっぷり予習して思ったような結果をだすぞ!

「ちょっとだけ待ってろ琵琶湖!」


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/414-cca8d56e