今回の旅の一番の目的は大物釣り。

そんな「大物釣り」って魚が沢山釣れる釣りではないでしょう。
チャンスだってそう簡単には巡ってこないはずです。
僅かなチャンスに賭けてひたすらアタリを待つ・・・とってもストイックなイメージ。

しかも大物釣りにとっても不慣れなのでイイ作戦が思いつかない。
「地形から魚の回遊コースを読む」だの「潮目を狙う」だの高等(?)な作戦は実行できないでしょう。
そして作戦も無く、広い大海原に向かってひたすらデッカイルアーを投げ続けるなんて精神的に耐えられそうもありません。
なので唯一思いついた実行可能な作戦は、

ナブラ打ち!

小魚を追って浅瀬でバシャバシャとエサを食べている大型肉食魚の前にルアーを投げて、
興奮したところをどさくさに紛れて釣り上げちゃおう、っていたって原始的かつ効果的な作戦です。


しかもこの釣り、魚だけじゃなく釣り人の興奮度も非常に高い。
目の前でデッカイ魚のナブラが立っているところを想像するだけでも超ワクワクです。

当然ですが、この釣りを成立させるためにはエサとなる小魚が接岸していることが必要になります。
そして上げ潮のときにチャンスが訪れることが多いようです。

ただし今は下げ潮・・・
上げ潮になるタイミングを待つ間、いつものように小河川の河口部をウロウロします。
釣れそうだったけど釣れなかった川。

さすがに初夏のようにどこでも元気いっぱいの魚がワラワラ釣れることはありません。
何本めかの川の河口部で地味に小さいルアーを投げているとやっと反応がありました。

小さなミナミクロダイ。
きれいなミナミクロダイ(沖縄名:チン)です。

ミノーをゆっくり引いていたら後からついてきて、止めてあげたらパクッって感じで釣れました。
小さい頃はピカピカしたウロコとはっきりした模様がキレイで飼ってみたくなります。


と、自転車に乗ったおじさんがやってきて「津波が来るぞ~」って教えてくれました。
あわてて車に戻ってラジオをつけると今回の地震の速報が・・・
そのまま初日の釣りは終了です。


そしてまたしても大物はおあずけ・・・


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/395-e7464508