やんばる東海岸に流れ込む安波川上流にある安波ダムのダムサイトを通って「やんばる学びの森」の入り口へ。

やんばる学びの森1



やんばる(=沖縄本島北部)には銭湯や温泉がほとんどありません。(まったく無いのかも・・・)
なので車中泊で過ごすやんばるの旅には、こういったキャンプ場の温水シャワーはとっても貴重。
ボクはキャンプ場を数箇所ピックアップしてありますが、なかでもここは施設がきれいなのでお気に入り。
以前の旅でもシャワーを借りた記憶があります。
やんばる学びの森5
今回もシャワーを借りに寄らせていただきました。


そこでちょっぴり嬉しい出来事が・・・

管理人さん(お名前を聞くのを忘れてしまいました)がボクのことを覚えていてくれたんです。
一年以上前に予約もナシにシャワーを借りただけなのに・・・
いや~、思いもかけない形で覚えてもらっていたので嬉しかったッス。

でも、急に電話を掛けてきて(いちおうマナーとして行く前に電話しています)、
シャワーだけ浴びさせてって言ってくる一人旅の汚いオッサンじゃあ印象強いかもね。
しかも前回訪問時はカミナリビカビカの大荒れの天気でした。
そんななか、ズブ濡れでやってくるお客さんって・・・覚えているのも仕方ない(?)のかもしれません。

とにかく嬉しかったので、ブログにリンクを貼らせていただくお約束をしてきました。
そして勝手にちょっぴり宣伝をしてしまいましょう。


やんばるの魅力をひとつを挙げろといわれれば、やっぱり手付かずの大自然でしょう。
特に夜になるとそれをより強く感じることができるように思います。

ここは夜になると都会ではなかなかお目にかかれなくなった真っ暗闇になります。
もし晴れていれば、「星ってこんなにあるの?」ってくらいに空いっぱいに星が見えます。
なんだかよくわからない星雲らしきものも肉眼で見えちゃいます。

数少ない街灯の下を探せば、よく知らない種類の虫たちやデッカイ蛾がウヨウヨ。
そして森からはナゾの生きものの鳴き声(雄叫び?)が聞こえてきます。
こんなときは自分が「食べられる側」になっている気がしたりします。(実際は沖縄にそんな動物いませんが)

こんな圧倒的な自然のなかで自分の存在がとても小さく感じたりします。
でも全然イヤな感じではありません、むしろ心地良いです。

もちろん昼間もやんばるの大自然はいっぱいで、運が良ければ天然記念物「ヤンバルクイナ」に出会えることも。
(ボクは以前、一日に20羽以上のヤンバルクイナに会った経験あり)

こんなところなら、キジムナー(沖縄の妖怪)がいたって不思議じゃないかも・・・

前置きが長くなってしまいましたが、こんな大自然を感じたいなら「やんばる学びの森」さんがピッタリ。
やんばる学びの森2

レンタル用品が充実しているのでキャンプ用品をお持ちでない方でも安心。
しかもトレッキング、カヌーなどのアウトドアアクティビティーが専門のガイドさん付きで楽しめます。

施設もキレイで使いやすい!
敷地内には鬼太郎ハウス(映画で使われたらしい)もあるので、キジムナーが出てきても怖くない!
いろんな自然学習プログラムなども行われていて楽しそう!
やんばる学びの森3 やんばる学びの森4 鬼太郎ハウスです。

お子さんをお持ちのご家族には最高の施設だと思いますよ。
もちろんカップルや自然大好き独り者にもオススメです。

ちょっと奥まっていて判りづらいかもしれませんが、
やんばる東海岸沿いを走る県道70号線を北に向かってひたすら走ると小さい看板があります。

興味のある方は是非一度ホームページをご覧下さい。
リンクも貼っておきます。
やんばる学びの森バナー


東北関東大震災バナー
まずは出来ることから。


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/392-8c4468bc