一週間後に迫ったタナゴ釣り大会。(大会についてはこちらのブログをどうぞ)
会場は現時点(1/25)では水元公園の予定です。

そんな水元公園のいつもの場所で下見を兼ねてのタナゴ釣り。
今日(1/23)の水路はこんな感じ。
常連さんがズラッと・・・

いつもの人気ポイントは入るスキマもありません。釣り人ビッシリです。

それにしても今シーズンずっと続いている茶色いドロ濁りはあいかわらず解消されていません。
これは工事?の関係で水路と池を結ぶ水門がずっと閉まっているのが原因のようです。
そしてクチボソは釣れていますが、本命のタナゴは渋いとのベテランのご意見。
今日も厳しくなりそうです・・・


たくさんいる釣り人を避け、いつもと違った比較的水深のある(80cm~1m)ポイントを選んでみました。

この場所には先行者が一人。
簡単にご挨拶してお隣で釣りをさせてもらうことにしました。
こういった小物釣りは釣り人が集まって釣りをした方が良い結果になることが多いのです。
みんなで釣りをすれば、一人で釣りをするよりエサがたくさん落ちて多くの魚が集まりますから。

その先行者の方のお名前はOさんと言って、60後半~70代の男性。
お話を聞くと、Oさんはヘラブナ釣りや海釣りをウン十年やってきた釣りの大ベテラン。
ですが最近おカラダをこわされて以前のように本格的に釣りが出来なくなってしまったそうなのです。
しかしそこは釣り人、今年から近所にあるここ水元公園でタナゴ釣りを始められたとのこと。

Oさんはこれまでに7~8回タナゴ釣りに来ていますが、まだタナゴを釣ったことがないそうです。
その釣りを見てみると、ウキがプッカリ浮いています。
う~ん、これではこの厳しい時期の水元でタナゴを釣るのは難しいかも・・・
教えてあげればよかったかも・・・

しかしOさんはタナゴが釣れなくってもとっても楽しそう。
隣で釣りをしているボクに話しかけてきます・・・

彼の釣り歴からはじまり、釣りの武勇伝とか釣り以外の武勇伝とか。
若い頃は某有名企業で働いていたが独立してラーメン屋さんを開いたこと、
開店当初は大当たりして休むヒマがなかったけど最近はお客さんが少なくなってしまったこと。
いまは息子さんが跡を継いでいて自分は好きなことをやっていること。
その息子さんがハーレーを買ってお店に入れようとしたけど入り口から入らないので扉を取ってしまって、ハーレーは入ったけど泥棒に入られないか心配なこと。
などなど・・・

一緒に釣りしていた約2時間、ずーーーっとしゃべりっぱなし。
ボクはと言えばときどき合いの手を入れるだけ。
でもOさんのおハナシは面白かったし、何よりOさん自身がとっても楽しそうだったのでちっとも嫌じゃありませんでしたよ。

で、肝心の釣果といえば・・・

ボクがタナゴを1匹釣ったのみ。
やっと釣れたタナゴ。
かわいいオカメちゃん(=タイリクバラタナゴ)です。

二人ともクチボソ(モツゴ)は沢山釣ったんですけどね。
たぶんOさんのおハナシがなければもう2~3匹タナゴが混ざったんじゃないでしょうか。(負け惜しみ)
ハナシに気を取られて二人ともかなり集中を欠いていましたから。
1匹しか釣れませんでしたが、やっぱりタナゴが釣れたタナ(=水深)は深かったように思います。
クチボソはいつもいっぱい釣れます。


そろそろ寒くなってきたので、ここでOさんはご帰宅。
また水元公園で一緒に釣りしましょうってお約束してお別れしました。


このあとはこのポイントに来る途中で見つけた気になるところに行ったのですが、
文章が長くなってしまったのと、サッカー日韓戦がちょうど盛り上がってきたので続きはまた次回。


今日(前半戦)の釣果
タイリクバラタナゴ 1匹
モツゴ      たくさん


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/365-482ccab5