さあ、長かった連続タナゴ講座も今回で一旦終了(このブログは続きますよ)、
最終回、「釣り方編」いよいよスタートです。


ボクが水元公園でタナゴを釣るときに使うのは沈めるウキ釣り。
というかこの釣りでしか釣ったことがありません。
そして出会った師匠たちも皆さんこの釣り方だったのでタナゴ釣り界ではポピュラーな釣り方なのでしょう。

この釣り方、「浮き」釣りですが浮かせません。
浮かせるためにウキを付けるのではなく、オモリの沈む力を弱めるためのもの。
仕掛けがなるべくゆ~っくり沈んでいくように調整することが肝心なのです。

タナゴウキ。



そのためにまず釣り場についてすることは、「オモリの調整」です。
仕掛けを作る際にはちょっと重めのオモリを付けておいて、現場で水温・水質に合わせて最終調整を行います。
まずは仕掛けを沈めてみて、早く沈みすぎるようなら板オモリをちょっとだけ切って軽くします。
(この辺の仕掛けの構造については「仕掛け編」をみてください)
オモリを切りすぎて沈まなくなってしまうとまたイチからやり直しなのでこの作業は慎重に。
ゆ~っくり沈んでいく間がタナゴが釣れるチャンスなので、なるべくゆ~っくり沈むようにしましょう。

そしてオモリの調整が済んだらやっと釣り開始です。

釣り方の流れを図にするとだいたいこんな感じ。(アバウトな図でスミマセン)
図解沈めウキ釣り。

①仕掛け投入。
②ゆ~っくり沈めて、
③着底。

これで1サイクルです。
着底してもそのままにしていると、クチボソやエビが喰ってきてしまいます。
タナゴは②の間に喰ってくることが多いのです。
仕掛けが沈んでいく途中で糸ウキがフッと動いたり、まだ着底するタイミングではないのに仕掛けが止まったり。
「なんだかおかしいな?」と思ったら軽く竿を立ててアワセましょう。
もし着底までなんの反応も無かったら、仕掛けを持ち上げてまた沈めます。
そしてずっとコレを繰り返します。
なのでこの釣りではハリから落ちにくいエサも大切。
だからこそ、エサ持ちが良い黄身ネリが効くんです。

あとは実際に釣りをしてみて覚えるのみ・・・

おっと、肝心なことを忘れていました。
冬の水元公園では水路内の杭で囲まれた場所がタナゴのポイントになります。
たとえ底が見えるほど浅くてもタナゴが居ることがあるのでやってみましょう。
常連っぽい釣り人が居ればさらにバッチリです。


さあ、明日は水元公園へレッツゴー!(昭和っぽい?)


持ちもの編へGO!
仕掛け編へGO!
エサ編へGO!
→釣り方編へGO!(この記事です))


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/363-b3897522