今回の沖縄旅行最終日、まだ薄暗いうちにホテルを抜け出して釣り場へ向かいます。
目指すはホテルから徒歩30秒、那覇市の繁華街を流れる安里川(あさとがわ)。

安里川その1。

見た目は東京都内を流れる神田川みたい・・・

でも旅行前に仕入れた情報によると、メッキ・クロダイ・マゴチなどの汽水域の魚がルアーで釣れる
知る人ぞ知る穴場的釣り場なんですって。

ワクワクしますねっ。


帰りのフライトとレンタカーの返却時刻を考えると8時にはホテルに戻らなければなりません。
釣りの出来る時間は2時間半足らず。
残り時間を気にしつつ、河口へ向かって釣り進みます。


・・・1時間半経過。

むむぅ、釣れん。


ここまでは正体不明の魚が追ってくるのが一回見えただけ。

安里川その2。

護岸された安里川はパッと見、変化に乏しく護岸くらいしか狙いどころが見つかりません。
ボトムを丁寧に探れば良かったのかも知れませんが、少ない時間でなるべく多くのポイントを見て周りたかったので
表層~中層を横の動きのルアーで広く探って、やる気のある魚を探していました。
エサとなりそうな小魚も見えず、水面は静まりかえっています。

せめてボイルでもしていればやる気も起きるんですがね。


そうこうしているうちに泊港まで来てしまいました。

ここまで来てやっと手の平サイズのミーバイ(ハタの仲間)が釣れたのですが、
巻き上げる途中でひと暴れされて、プルプル、ポチャンとさようならしてしまいました。


「?」、気配を感じて振り返ると・・・

かわいいハンターその1。

かわいいハンターその2。

気が付けばこんな可愛いハンターがボクのうしろに陣取って、釣れた獲物を奪い取ろうと狙っています。

でも・・・

「ごめんよ、残念ながらキミ達の期待には応えられないんだ・・・」

やがて愛想をつかしたハンターたちはどこかへ行ってしまいました。
釣れない釣り人に興味なしですか。


残り1時間を切った時点で最早あきらめムードが漂っています。
釣れる釣れると言っても所詮は都会の川、良いときに当たらなければこんなもんか・・・
まあこんな川があるって知っただけでも良しとしよう。

なんて考えながら安里川を上流へと戻ります。

この先、果たして逆転の一手はあるのか?!

どうなる?

どうしよう・・・


つづく。


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/338-2c482243