6月の石垣島は甲殻類王国でした。

全身でピコピコ動くコメツキガニ、片方だけデカイはさみを振り回すシオマネキ。
砂浜、干潟、マングローブ林だけじゃなく夜の国道も甲殻類だらけ。

そんななかでも気になる甲殻類をピックアップしてみました。


ソデカラッパ。
ソデカラッパ。

裏返すとカブトガニのようです。または幼生期のエイリアン。
干潟の砂の中に潜っていました。
ところで気になるその名前、「ソデ」は袖だろうけど「カラッパ」ってナニ?


なぞのカニ表。
そして同じく干潟でみつけたこのカニ。
なぞのカニ裏。

きれいな模様にステキな形。
種類は特定出来ませんでした。知っている方がいましたら教えてください。
足ヒレ(?)があるのでガザミの仲間かもしれません。

水のなかに置いてみた。
そして半身が浸かるくらいの浅瀬に置くと・・・

ぴゅるるる~
ぴゅるるるるるるる~

水を噴きます。うむ、面白い。


アダンの実。オカヤドカリとアダンの実。オカヤドカリ。

ヤシガニの好物でおなじみ、アダンの実のそばには大きな「オカヤドカリ」。
こんな大物、お祭りの縁日でしか見たことがありませんでした。
ヤシガニでなかったのが残念でなりません。


さらに夜になれば道路を巨大「オカガニ」が無数に徘徊。

巨大オカガニ。
これは3日間で出会ったなかでも最大級のカニ。
手の大きさと比べてもかなり大きい。
ちなみに私の手の大きさは指先から手首までだいたい20cmです。

巨大なハサミを振り上げて抵抗するので、このときはもう必死。


こんなのがたくさん生きていられる石垣島って、すごい生命エネルギーを持っていますね。


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/242-335ee1d1