大人たるもの何事にも余裕が必要です。
それは釣りに行ったときにもまた同じ。

いつもは必死に釣りをしてしまうのですが、今回は違います。
大人の余裕をみせるのです。


今回行った山中湖は観光地としても有名な場所。
なので釣りの合間にちょっぴり観光してきました。

まずはなんといっても日本一の山、富士山です。
ここ山中湖は富士山が水面に映る「逆さ富士」で有名。
夏場のこの時期、ビューポイントには多くの人が詰め掛けます。
特に早朝はまだうす暗いうちから、バズーカ砲のようなレンズが付いたカメラの砲列が出来ています。

みんな大好き富士山。
この日も無料駐車場はいっぱいでした。


そして山中湖が一押ししているのが白鳥。
湖のそこかしこでその美しい白い姿が見られます。
白鳥親子。
ときにはこんな親子連れも。「みにくいアヒルの子」ですね。(←ひどい名前!)

ただ私は以前、白鳥がヘラブナの死骸をガフガフ食べているところを目撃したことがあって、
「あいつあんな優雅にしているけど、実はスカベンジャー(腐肉食動物)なんだぜ。」
って目で見てしまいます。

ウラの顔を持つ白鳥です。

さらに観光船プリンセスオデット号。
優雅に山中湖を周遊し、湖からきれいな景色を見せてくれます。(乗ったこと無いケド。)

オデット号。
たまたまリアル白鳥と一緒のところを撮影できました。ラッキー?

私はこのオデット号の顔が好き。
良く見るとアホ顔です。
アホ顔です。

でも実はこのオデット号も凶暴な一面を持っています。
その「引き波」が大きく、ボートで釣りをしていると激しく揺さぶられます。
以前は転覆事故も起こっているとか。ボート釣りのときは近づかないほうが賢明でしょう。


そして山中湖には温泉もあります。
石割の湯。
「石割の湯」。今回もお世話になりました。
こじんまりした温泉施設ですが、清潔感があって、露天風呂あり休憩室ありで充分楽しめます。

ただし夏のこの時期は山中湖周辺は学生の合宿が多く、そんな群れに当たってしまうと大変なことに。
私も以前、ラグビー部の合宿の群れに当たってしまい酷い目にあいました。
気をつけようがないケド、気をつけて!


とにかく夏の山中湖は爽やかさでいっぱいです。

東京から2時間弱で来れるので、釣り以外でもぷらっと行ってみるのも良いですよ。
山中湖の爽やかな空。


そんな私は・・・

前日の深夜の虫捕りと当日の釣りの合間に仮眠合計4時間。
結局、必死で遊びすぎです。


ブログランキング参加中。下のバナーをポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/240-8da68064