梅雨明け宣言直後の茨城県は北浦(と、その近所の野池)に釣りに行って参りました。
今日から三回連続でその模様をお届けいたします。

第一回 タナゴ・小物釣り編
第二回 野池のフライ釣り編
第三回 バス釣り編

果たしてその結果は?まずは「タナゴ・小物釣り編」からスタートです。


朝マズメの釣りがひと段落して潮来マリーナに移動してきました。
軽~くトップウォータープラグで流しながら視線は足元へ。
小物釣りのターゲットになりそうな魚を探します。

水中には何種類かの小魚が泳ぎまわっています。
なかには薄くて平べったい魚もいる様子。あれはタナゴかも知れません。
早速バスロッドを小物用のべ竿にチェンジしてタナゴ釣り開始。

水通しが良い場所を狙ったので仕掛けがなかなか落ち着きません。
ちょっとした波でも影響を受けるので当たりが取りにくい。
水元公園仕様の沈めウキ仕掛けを使ったのですがこの辺は改良の余地がありそうです。
何回かバラシ(?)を繰り返してやっと一匹ゲット。

北浦のオカメちゃん。

カネヒラを釣ってみたかったのですが、これはおなじみオカメさん(タイリクバラタナゴ)。
北浦で初めてのタナゴだったのでじんわり嬉しいデス。


すぐ近くのホソ(狭い用水路)に場所を移して引き続き小物釣り。
キンギョ藻がビッシリ生えていますが、ところどころに藻穴(藻のすきま)があってそこから水中が見えます。
その藻穴に仕掛けを落としていくと・・・

キンギョ藻の陰から魚が出てきてパクッ。丸見えです。

「見釣り(=サイトフィッシング)」であっさり釣れちゃいました。マブナです。
これはキンブナ?ギンブナ?よくわかりません。
キンブナ?ギンブナ?

別の藻穴でもエサを入れると魚が出てきてパクッ。スカッ。
あわせたのですが空振りです。

この後何匹か空振りしてしまいました。
藻穴はスレるのが早いようです。なかなか喰ってこなくなったのでここで終了。

みんなすぐにエサを吐き出すのでなかなか針ガカリしません。
結局、釣れたのは一匹だけでしたが、釣り方を工夫すればもっと数は伸ばせるハズ。
空振りした中には比較的大きな魚(10cm以上)もいました。
明らかに違う種類の魚もいたので、数を釣っていくうちにお初の魚も釣れるでしょう。

今回はいつもの黄身ネリでしたが、エサ持ちを考えるとアカムシなどの虫エサのほうが良いかも。


タナゴ・小物釣りは小一時間のお試しのみでしたが、将来性(?)のありそうな釣りが出来ました。
いつかは時間をかけて本格的に狙ってみたいです。

面白い、面白いぞ小物釣り!

次回、「野池のフライ釣り編」につづく。


ブログランキング参加中。下のバナーをポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/232-9f6f1614