ゴマフエダイ・・・沖縄方言でカースビー。英名はマングローブジャック。
           その名の通りマングローブが生い茂る河口部で良く釣れます。
           ルアーへの反応も良く、南の島ではナイスターゲットです。
           60cmくらいまで大きくなるそうですが、いまのところ自己記録は約30cm。
           いつかはそんなデカイ魚を釣ってみたいものです。


無事に帰ってきたベビーポッパー(前回の記事参照)はラッキーを連れてきたハズ。
あとは信じて投げ続けるだけです。

まずは表層狙いで港内を一周しましたが、カマスかダツが一回反応したのみ。

そこでシンキングペンシルを底まで落としてからゆ~っくり巻いてみました。
「トップがダメならボトムを探ってみな」作戦に変更です。

そしてその2~3投目だったでしょうか・・・
シンキングペンシルを沈めて、着底後ちょっと巻いたところで、

ゴゴンッ!

「!!!!」

ここでガーラなら一気にギューンと走るハズですが、ちょっと様子がちがいます。
ギュンギュン引きます。
ちょっとブラックバスに近いかも。

シーバスロッドがぐんにゃり曲がり、リールからはジリジリとラインが引き出されていきます。
う~ん気持ちいい。

これまで小物しか相手にしてもらえなかったぶん、タップリとファイトを楽しみましょう。
なんたって35lbsのPEラインに30lbsのナイロンリーダーです。
船の係留ロープにさえ気を付ければ、港のようなオープンウォーターならまず切られることはないでしょう。

ヒットした魚は底に向かって潜ろうと抵抗します。なかなか重い引きです。

タイミングを計って、ちょっと強引に魚を浮かせました。
ん?ちょっと見えた魚は全身が赤色。これは・・・

よし、ファイト中の魚のカッコイイ写真を撮ってみよう!
な~んて余裕かましていたら、魚の口に2本掛かっていたフックが1本になってしまいました。

ひー!

バラしたら目も当てられないので、ファイト中の写真は断念。
ここからは慎重に寄せて、ボガグリップ(風の激安商品)でガッチリと下あごをキャッチ!

無事ランディング成功!イエス!!

ゴマフエ40cmその1。
どーですコレ。


アレ?測ってみたら意外と小さい・・・
ゴマフエ40cmその2。
40cmジャストです。


でもよく見てください。
筋肉質のカラダと厚みのあるヒレの付け根、バリッと張った尾ビレ、サイズの割りに引きが強いのも納得。

ゴマフエ40cmその3。
そしてこの悪そうな顔。良いです、ナイスです。
小型のゴマフエと比べると、模様も無くなってぐっと大人っぽくなってます。

ちょっと思いつきました。

いままで釣ってきた30cmくらいまでのゴマフエが「マングローブジャック」だったら、
このサイズなら「マングローブクイーン」と呼んでもイイ。
さらに50cmを超えるようならそれはもう「マングローブキング」です。
これは出世です。スズキやブリのような出世魚にしてしまいましょう。

今回はクイーンでしたが、いつかはキングを釣りたいものです。


それでも大満足な自己記録更新の40cmのゴマフエダイでした。やったね!
ヒットルアー:ダイワ レイジー85S


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/228-bbbb29a9