やんばる釣行で初めて海の魚をターゲットにして、
ちょっとだけどわかりました。
やっぱり、フライって釣れますね。

アプローチさえ上手く出来れば・・・

ふわ~っと漂うクルーザーミノーにどこからともなくメッキが浮いてきて、

パクッ!

パクリ!
そこに迷いはありませんでした。


ルアーで同じような状況で釣りをしたとき、
魚たちは一定の距離をとってついてくるだけのときがあります。
そんなときにルアーを動かすのをやめると、
せっかくついてきた魚が帰ってしまうことが多い。

でも、フライだと躊躇なく喰いついてきます。

また、ルアーを何度も同じ場所を通していると魚たちはスレてしまいます。

でも、フライにはスレにくいかも。
魚にかかるプレッシャーが少ないのではないでしょうか。


まあ、チョットしか釣れていないのでそんなにエラそうなことは言えませんが・・・

ただ、キャストも含めてアプローチが上手くできればルアーより破壊力を持つ状況がありそう。
例えば今回のやんばるみたいに魚の反応が弱いときなんかがそうじゃないでしょうか。


そうか・・

やっぱりキャスト練習が必要か・・・


ちなみに今回はクラウザーミノーにのみ反応がありました。
なのでこればっかり投げていたら、
巻いて持っていったクラウザーミノーはみんな壊れてしまいました。

あわれクラウザーミノー。
ウエイトがある目玉のところから壊れます。
瞬間接着剤では弱すぎ。
今度はエポキシでガッチリ固めよう!


ただしフライが壊れた原因は魚に食われたからじゃなく、
周りに引っ掛けたり、竿にフライが当たったりしたため。


やっぱり解決策第一はキャスト練習なんです。


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/158-814efc28