那覇を出発して約2時間半、
北部の実績スポットに到着しました。

このときの潮は下げいっぱい。(注:一番引き潮のとき)

とりあえず魚をさわりたいので、
まずはやり慣れたルアーから!

と、いきたいところですが・・・



今回の旅の第一目的は「フライでいろんな魚を釣る!」です。
その目標を達成するため、早速フライフィッシングに挑戦だ!

よ~し、トップバッターはキミだ!
トップバッター。
クラウザーミノーです。
程よく沈められるし、ルアーでいうところのワーム感覚です。


せっかく(?)なので海側からやってみました。
河口に集まる小魚を狙った大物がヒットしたりして・・・
まずは海から。

な~んてことはまったくありません。

だって海からの向かい風が吹いていてフライが飛んでいかないんですよ。
しかも、たまに上手くキャストできたとしても10mくらい。
ひろ~い海の端っこの端っこにポチョッとフライが落ちたとして、
誰が(どんな魚が)見付けてくれるんでしょうか。

う~ん、釣れる気がしなくなってきた・・・

悲しくなる前に河口に移動しましょう。

おおっ!ここならちょっとしか飛ばなくても誰かが(魚が)みてくれそうな気がします。
風も海側よりも気持ち穏やかです。

ですが、それでもやっぱり飛びません。
やっと川幅の3分の1くらいでしょうか。

ポチョッと落ちたフライが「ふわ~」ってゆっくり沈んでいきます。
糸フケをとって手元のフライラインをすこし早く短く手繰ると、
「スッ」ってフライが動きます。
その動きにはルアーと違った生命感があります。
簡単に表現すると「ナチュラル」って言うんでしょうか。

波も流れもないのでフライの動きが良くわかります。
それを見ていたら、だんだん釣れるような気がしてきたゾ。

2~3投目だったでしょうか。
ふわ~ってなっているクラウザーミノー(以下、クラさん)の下から魚影が現れて、
「パクッ。」
あわわ・・・想像していたよりも無防備に魚がクラさんを咥えました。
「スカッ。」
空振りです。魚は帰っていきました。
予想外の出来事にラインのフケを取りわすれていたのでアワセられず。

しかし、一気にテンションMAXです。
「こりゃあ釣れるぞっ!」

早く次のキャストに移りたくてあわてるのでキャストが乱れっぱなし。
下手なキャストがさらに下手に。
ライントラブルも頻発します。

それでもなんとか狙いの場所にキャスト成功。

ふわ~っとしているクラさんの下からまたしても魚が!
ピシッ!クンクン!
今度はヒットしたぞ。
魚が小さいのですぐに寄せられますが、ロッドが柔らかいので結構楽しめます。
ちょっとヒキを堪能して無事にランディング。

イエ~イ、ピース
うれし~~~~~~~~~~~~~~!
頭からバックリ。
クラさんを頭からバックリ。

メッキです。いい奴です。
サイズは小さいですが記念すべき沖縄での初フライフィッシュ。
嬉しすぎて似たような画像を11枚も撮っていました。
アホですね。

たっぷり記念撮影をしてからお帰りいただきました。
メッキ君、お疲れ様でした。

その後も次の魚を狙ってフライフィッシングを続けました。

キャストは相変わらず4~5回に一回の割合でしか上手く決まりません。
さらに横風も吹き始めたのでますますライントラブルが発生。

こんな状態でも小一時間ほどで、さらにメッキ×1、コトヒキ×1を追加。
いいやつメッキさん。 コトヒキだっていいやつ。


さすが「やんばる」、ポテンシャルが違いますね。
慣れないキャストで疲れたのでここで休憩。

次回につづく。


この記事も長くなったので疲れました・・・


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/144-422236b3