本番まであと一ヶ月をきりました。
それまでの時間をもっと楽むために、フライでも巻いてみましょう。

ってなワケで、比較的簡単そうな「クラウザーミノー」を巻いてみました。
シンプルだけどその実績は確か。
ソルトウォーターでは定番になっているフライです。

クラウザーミノー完成!
初めて巻いたにしてはキレイに出来ましたよ。

クラウザーミノーしっとり。
でも、水に濡らしてみたら結構貧相になってしまいました。
しかも濡らしたら急にケモノのニオイが・・・
やっぱりマテリアルは動物の毛が多いものなのね、と妙に納得。

次は、もうちょっとボリューム出してみようかな。
それとも、キラキラを足してみようかな。
これでメッキとか釣れたらいいな。


ちなみに参考文献は、
ソルトフライフィッシャー2009 ニッポンのソルトパターン130本
The Art of Tying the BASS FLY


まあ、タイイング本はこの2冊しか持ってないんですけど。


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/131-2e99e861