秋~冬の東京湾と言えばランカーサイズのシーバスが釣れるでおなじみですが、
去年秋から最近までボクが出船する日にかぎって強風が吹いてしまって好調なポイントに入れないとか冷たい雨が降るとか急激に気温が下がるとかしかも数少ないチャンスをものにしてせっかく掛けた魚をバラしてしまうとかなんとなく釣れそうな日でも釣れるのは同船者(船長含む)ばかりとか

とにかく悪い流れが続いていました。

そして迎えた3月はじめの日曜日。
今回のシーホースさんは乗り合いで常連のKさんと一緒です。
この方、今年のはじめにメーターオーバーを釣られている「超持ってる男」。
是非ともそのパワーをわけてもらいましょう。

20200308出港!


しかし当日は雨。
さらに予報よりも北風が強く、狙いのポイントには行けそうもないので近場のポイントを回るというおなじみのイヤな展開。

丁寧にストラクチャーを打ってなんとか型を見ることはできましたが、狙いのサイズには及ばないアベレージサイズがポツリポツリと釣れる盛り上がりに欠ける展開です。

20200308近場で一本

持ち時間が半分くらいになったところで船長が移動を決断。

強風のなか大移動してたどり着いた本命ポイントは風波でザブザブでウネウネです。
そんな波に翻弄されながらもビッグベイトでストラクチャーのキワキワを狙っていくとドスンと75。

20200308 75!
釣れます。


さらに丁寧に打っていって

20200308 78をブツ持ち

ズドンと78

20200308 78!

久々のいい感じにテンションが上がって集中力も増していきます。

狭いすき間の奥まで放り込んだルアーがストラクチャーを抜けたところで下からグワン!


この日最大の82cm。

20200308 82!


気が付けばカッパの中まで水が沁みてしまうほどの風雨に打たれましたが、結果が良ければすべて良し。
本当に久しぶりにいい釣りが出来た感じです。


ビッグベイトだけ投げまくってこの釣果。
いやー楽しかった。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1120-95f65aed