2019.10.30 宮城県二日目

20190915夜明け

宮城県二日目は早起きして川バスに挑むも、あえなく玉砕。

気を取り直して止水域を回ってゼニタナゴ探し。




しかしゴールは果てしなく遠く霞んでしまって、自分が何を狙っているのかもわからなくなってしまいそうなので、モチベーションを上げるためにかつてのゼニタナゴ天国沼にある自然保護センターに立ち寄って今回のターゲットのナマの姿を目に焼き付ける。

20190915ゼニタナゴ
ボクにとって幻度ナンバーワンのゼニタナゴ。かなり特徴的。これならすぐわかりそうです。
天然記念物とかになる前になんとかして釣らねば。

20190915タナゴ
タナゴ。画像ではわかりにくいですが、なるほど背びれの先端が黒い。
いままではヤリタナゴがボクのなかでは「武士」イメージのタナゴだしたが、このタナゴはさらにワイルドな「野武士」っぽい。カッコイイぞ。


一緒に水槽に入っていたカネヒラと比べるとこちらの2種は明らかに地味または汚い。(失礼)

でもますます釣りたくなりました。


手当たり次第に地図中の池を回って竿を出しますが行けども行けども(≠ダジャレ)タナゴは釣れません。

20190915チチブ?

20190915ポロッとバラ

釣れたとしてもバラタナゴのみ。

でもちょっとした用水路に大きな二枚貝があったりして環境は十分。

20190915用水路に淡水貝

ですが今回はダメでした・・・


後半は気分を変えてタナゴ(マタナゴ)狙いのポイント探し。

20190915池でバラ

しかしこちらも鳴かず飛ばずで、最後は地元の人に教えてもらった池でバラタナゴを釣り、初日に発見したタナゴポイントにつながる川でカネヒラをポツポツ釣って日没。

20190915カネヒラかなぁ

20190915最後はなんとか


現実の厳しさを思い知らされて二日目終了です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1108-10bf6b2c