夜のうちに長浜に移動して三日目に一緒に釣りをするHさんと合流。
そのまま虫採りに行く予定だったのですが、台風の影響か雨が降ってきてしまったので断念。


明けて三日目、本命は大型カネヒラ
バリっと婚姻色のでた気の早い個体が狙いです。

台風が昼頃直撃するという予報に追われて早めに鉄板ポイントへ。

予想外の減水のなか、豆カネからスタートしたのでした。

20190727豆カネ



減水のため、いつものポイントには魚の姿が無いので少しでも魚が身を隠せそうなところを探して仕掛けを流していくと、

20190727プリっとしたヤリ
こんなブリブリのヤリ連発。


おっと、これは・・・

恋の季節も終わり、特徴的なヒレの色は薄くなってしまっていますが紛れもなく、

20190727湖北産シロヒレタビラ
シロヒレタビラ。


あまりにも釣れないので琵琶湖周辺では釣ることをすっかりあきらめて、もはや琵琶湖周辺では見ないふりをしていたシロヒレを思いがけずキャッチ。春の岡山でシロヒレをたっぷり釣って、苦手意識(?)を払拭できたことが功を奏したのでしょうか。

そんなシロヒレに軽く感動して、引き続きプリプリしたタナゴたちを拾い釣り。

20190727こちらもプリっとしてます

20190727釣れないなりによく釣れる

ここではカネヒラ、ヤリ、シロヒレの三種を釣って移動です。


さらに別の鉄板ポイントで狙い通りのアブラボテ、

20190727アブラボテ

それっぽいブリッとしたカネヒラを釣ってタナゴ釣りは大満足。

20190727この日一番のカネヒラ


昼頃から予報通り風雨が強くなってきたので釣りもそこそこに温泉施設でまったり。

チケットを早めの新幹線に振り替えて無事帰京となったのでした。



あ、Hさんオススメのアユのエサ釣りが満足にできなかったことが悔やまれます。

来年リベンジの予定。

20190727橋の上から無理やりアユを狙う

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1103-44dbd46c