6月の西表島二日目は朝からカヤックフィッシングの予定ですが、

20190608セマルハコガメ

その前に路肩をのそのそ歩いているセマルハコガメを救出。




大苦戦した2週間前と同じく午前中は潮位が高く、支流での釣果は期待できないので本流メインで沈める系のルアーも積極的に使ってみました。


が、ここぞという場所でもまったく反応がないため早くも切り札を投入。

20190608ナベモジャミニ

20190608流石です!

すぐに結果がでるところは流石です。


しかしその後は何をやっても沈黙・・・


上げ潮で潮位が高い時間は結局お手上げ。
その釣れないっぷりは前回よりもヒドく、まったりした時間を過ごす。

20190608旨し!
早めにご飯を食べて

20190608スコール!
スコールが降って

やっ下げ潮が効きはじめた頃に本日の2匹目となるチヌ。

20190608やっと二匹目


開始から5時間で2匹って・・・

あんまり釣れないから、早めに上がって昨日のリーフに行こうかと思ってしまうほど。

20190608とんとんみー

しかし釣れない時間を耐えた甲斐がありました。

潮位が下がってから入った支流はそれまでが嘘のような高反応。

20190608ゴマフエ1 20190608ゴマフエ2 20190608ゴマフエ3

20190608チヌ1 20190608チヌ2 20190608チヌ3

ゴマフエやチヌがガンガンアタックしてきます。


途中からはテッポウウオに狙いを絞って支流を遡行。

岸際にタイトについているテッポウウオを狙っていきますが、キャストがうまく決まってテッポウウオが飛び出してきてもびっくりあわせをしてしまったりしてフッキングできない。

チャンスはあるのに・・・

こうしたミスを何度か繰り返してやっとキャッチ。

20190608テッポウウオ

20190608テッポウウオ正面

これでミッションクリアです。


その後は本流に戻ってみましたが同じく好反応。

20190608本流でも1

20190608本流でも2

やっぱりキモは潮位みたいです。

テッポウウオはおかわりできませんでしたがカヤックフィッシングを堪能。


夕方にスロープに戻りながらポッパーをポコポコやってると・・・


ガボッ!・・・ドバーン!!


一度喰い損ねたポッパーをカヤック際まで追ってきてもう一度喰ってきた!


なかなかの強いヒキ。
オープンエリアだったので強引にやりとりしないで、しばらくそのままカヤックを引っ張らせてじっくり寄せてランディング。

20190608ロウニンメッキ!
ロウニンメッキ大。


本日も最後にいいサイズの魚が釣れました。


そしてそのまま終了。



ところで今回もお世話になったマングローブジャックさんがこの夏に営業を終了されるそうで、今回が最後となってしまいました。西表島に来るたびに利用させてもらっていたのですごく残念。

いままでありがとうございました!

20190608ありがとうマングローブジャックさん!



そしてその夜ちょっとした事件発生。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1096-a4dd541f