西表島上陸後、いつもの流れでおなじみポイントをまわって様子を見てみますが、なんだかどこも反応は薄く、数回甘噛みバイトがあっただけで2時間経過してもノーキャッチ。

で、ちょっぴり焦りつつも当初の予定通りリーフへ。


しかしここでも反応は薄く、ポロッとコトヒキが釣れただけ。

20190523スタートはコトヒキ


このままダラダラと時間だけが過ぎてしまいそうな気がするので意を決してちょっと遠くに見える岩場まで歩いて移動。

20190523遠い
ここ。


ようやくミーバイとメギスを釣って一安心。

20190523メギス
20190523ミーバイ
20190523メギス2


大移動してしまったので帰り道も長い。
でも縁日サイズの大ヤドカリがゴロゴロ居たりしてそれなりに楽しいです。

20190523オカヤドカリ


リーフを離れたその後も厳しい状況は変わらず、夕マヅメにデカゴマのバラシが一回あっただけで追加のキャッチは無く、寂しく昼の部は終了。


そして夜の部。

20190523ヒトスジイシモチ?20190523なんとかイシモチ20190523イットウダイの仲間
20190523オキフエ
20190523ヒメツバメウオ


安定の変な魚釣りをして初日終了です。


梅雨真った只中の西表島だったので、もっと暑くて湿気むんむんだと思っていたのに、予想外の爽やかさ。夜なんてちょっと寒いくらいです。すごし易くて快適なのですが、ボクとしてはもっと厳しくても釣れたほうが・・・


明けて二日目。

20190524早朝

渓流域に入ってユゴイ釣り。

20190524オオクチユゴイ1
20190524オオクチユゴイ2
20190524オオクチユゴイ3

海はダメでしたがこちらは好調。

遡行中に水たまりに見つけたコンジンテナガエビも釣る。

20190524コンジンテナガエビ

最後にはユゴイとオオクチユゴイのダブルヒットなんかもあったりして(撮影する前にオオクチ~は外れてオートリリース)夏っぽい釣りを堪能できました。

20190524ユゴイ


陸あがりしたあとも森の中でトカゲ観察をして

20190524キノボリトカゲ120190524キノボリトカゲ220190524ピンボケ緑のトカゲ


おやつにはピーチパインを堪能。

20190524おやつ
雑な感じが良い。


夜はサキシマヒラタクワガワ♀におもいっきり挟まれて西表島を満喫です。

20190524おもいっきり挟まれる

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1093-c0d53d15