毎年恒例となった熊本タナゴ旅も今回で5回め。
ことしも4月12日から14日までの3日間、熊本に行ってきました!

20190412熊本上空

ここのところ年々釣果がショボくなってきている熊本タナゴ旅。
今回は熊本のタナゴ釣り師さんからセボシタビラのポイントに関するヒントをいただいていたのでやる気満点、意気込み十分です。



早朝便で空路熊本入りしてバスで市内へ。
ホテルに釣り道具以外の荷物を預けてレンタサイクルを借りたらいざスタート。

まずは情報を元に予想していた水域をタナゴの姿を探して右往左往。

雑魚が大量にたまっている場所があったのでいざはじめようと思ったら・・・

あ!黄身ネリがない!

あろうことかメインのザックからサブザックに釣り道具を移しかえたときに黄身ネリを移し忘れてしまったようです。

荷物が置いてあるホテルまでもどるか、とりあえず予備エサとして持ってきたグルテンを作るか・・・


せっかく作ってきた黄身ネリだし、まだ時間に余裕もあったし、グルテンを使って釣れなかったときに黄身ネリだったらなぁ、とか思いたくなかったのでホテルに戻ることに。

黄身ネリを無事回収して先ほどの場所に戻ってきたときには12時過ぎ。


集合している雑魚たちに仕掛けを落とすとパカパカ釣れるのですが細い魚ばかり。

20190412バラタナゴ1
しばらくしてようやく釣れたのはバラ。

20190412バラタナゴ2

その後も時々釣れるタナゴはバラばかり。

20190412カダヤシ
チョロチョロしている細かい魚はカダヤシ。

20190412マブナ
おっとこいつは掛けると仕掛けがあぶなくなるヤツ。

一旦この水系はあきらめて、大きくエリア移動。
さらなる新規開拓をしましたが、発見できたのはバラのポイント2箇所のみ。

20190412バラタナゴ3

20190412バラタナゴ4

新しいポイントは嬉しいけど、熊本まで来てバラって・・・

どーしても在来種が釣りたかったのでちょっと遠かったのですが手持ちのアブラボテポイントまで行ってなんとかタナゴ2種め。

20190412アブラボテ

やっぱり熊本のアブラボテはお洒落です。

このポイントでとっぷり陽が暮れるまで釣りをして初日はここまでです。
20190412夕暮れ

20190412こむらさき

夜は老舗の熊本ラーメン。
その旨さは期待通り。


釣りの方は予想どおりの苦戦スタート。
しかし二日目、三日目にまさかの展開が待っているとかいないとか。


二日目に続きます。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1086-90ec9403