ことし最後の南の島は12月の石垣島

20181207雲行きがあやしい石垣島

12月といえば南の島といえども冬。
気温も低いし魚の活性も低い。

そんなネガティブ要素を少しでもプラスにするため人の攻められないポイントを攻めるため今回はフロートチューブを持ち込んでみましたが・・・



当日は北風が吹いて気温が下がるわ雨は降るわ数日前にひいた風邪は治ってないわでフロートチューブ日和ではありませんでしたが、陸っぱりで釣る自信が全然無かったので入水を決行。

しかしポイントのチョイスが悪かった。

エントリーした場所はヘドロ地帯。しかも久しぶりのフロートチューブで空気の入れ方が足りず胸くらいまで浸水。しっかり浮かべるところまでしばらく泥のなかでもがいてましたが、身の危険を感じて一回断念。別の場所を探してエントリーできたときにはすっかり疲れきってしまい、あまり長い距離を流すことができず、一匹釣ったところで終了です。

20181207ゴマフエ


その後は冷たい季節風が強く雨も断続的に降るなか頑張ってみましたがアカマダラハタを追加したのみで昼の部終了。

20181207マイキーに喰ってきた


夜は港湾部でアジングタックルを使って変な魚五目。

結構アタリはあるのですが夜になってさらに風雨が強くなり糸フケがでてしまってなかなかアワセがきまりません。なので近距離戦で

20181207アヤメエビス
アヤメエビス?

20181207コトヒキ
コトヒキ。アジングタックルだとスリリング。

20181207ヒメツバメウオ
ヒメツバメウオ。おなじみすぎて予測変換で出てきます。

と、ここでなにか大物がヒット。

このときラインが3lbsだったので無理をせず魚を走らせて弱らせようをしましたが、まわりにはロープやら杭やらあるのでギリギリのところでなんとか耐えなければいけません。ときどき何かにこすられている感触があってヒヤヒヤしながらもようやく魚体が見えるところまで寄せてきました。

フエダイっぽいけど魚体は青みがかったグレー。釣ったことがない魚のように思いました。これはどうしても獲りたい。

近くにネットがあれば良かったのですが、小物相手だと高をくくっていたので持ってきていない。ここでなにを思ったか、フィッシュグリップを使わずにハンドランディングを試みます。案の定、一回目のキャッチに失敗し、そのときの首振りでラインがプチン。魚は暗い海へと帰って行きました。

しばらく放心・・・

このあと初キャッチとなるセッパリサギ(現在はセダカクロサギ)を釣りましたが喜び半減。残念な気持ちで初日を終えたのでした。

20181207セッパリサギ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1076-0991d4de