ここのところ毎年恒例になってきたNくんとの夏山登山。
今年は7月27・28日に決行となりました。

しかし数日前に突如現れた台風により急遽予定変更。

26日の仕事終わりに前乗りして甲府のビジネスホテルに宿泊。27日は始発の登山バスで目的地に向かいその日のうちに登頂して夜はのんびりテント泊。明けて28日は台風がやってくる前に帰ってくるという余裕たっぷりで無理のない(と思われる)計画をたてて当日を迎えました。


でも中央本線は小動物がぶつかったとかの理由で遅れ、ホテルに着いたのは24時すぎ・・・

20180727始発バス待ち


温泉付きホテルだったので時間がないけど温泉に浸かり、2時間ほど眠っただけでチェックアウトして4:35発の登山バスで甲府を出発。そこから2時間ほど山道を揺られて広河原へ到着。そこでさらにバスを乗り換えて25分、やっと目的の山、「仙丈ヶ岳」の登山口に到着です。

20180727長衛小屋のキャンプ場

一旦、すぐ近くの長衛小屋のキャンプ場にチェックイン。テントを設営して荷物を軽くして、汲み放題のリアル南アルプス天然水を水筒に詰めていよいよ登山スタートです。

20180727登りはじめは森の中
はじめのうちは森の中を一気に上がっていく感じ。結構しんどい。

20180727沢沿いを登る
しばらく歩くと川沿いの道に出て一気に景色がひらけます。
あいかわらずの急登なんですが、花がたくさん咲いていて滝なんかあったりして歩いていて楽しい。

20180727カミキリムシたくさん

20180727小さい滝

そこを越えてしばらく行った馬の背ヒュッテでひと休み。
すばらしい景色(きっと甲斐駒ヶ岳←このときは半信半疑)を見ながら飲むコーラの美味いことよ。

20180727馬の背ヒュッテで飲むコーラ

それにしても本当に台風くるの?って天気です。


元気になってさらにペースアップ。

20180727頂上見えました
稜線に出ると目指す山頂が見えてきます。

景色も変わって岩と背の低い植物ばかり。
こんなところにはアレがいるのでは?

と探しながら歩いていると・・・いたー!

20180727ライチョウ

日本アルプスなど高い山に登ったものだけが出会うことができるでお馴染みの「ご褒美鳥」ことライチョウです。

以前、北岳に登ったときにはお会いできたと思ったらイワヒバリだったという残念な過去(このとき)があっただけに喜びもひとしお、感動です。


ライチョウ発見でテンションが上がってそこから一気に山頂へ。

20180727仙丈小屋
仙丈小屋を経て

20180727頂上見えました
ラストスパート

そして・・・

20180727仙丈ケ岳登頂!
スタートから約2時間半で仙丈ケ岳(3033m)登頂!

20180727なんとか山脈その1
20180727なんとか山脈その2

山頂からの景色は360度の大パノラマ。
惜しむらくはそこらじゅうに見える素晴らしい山塊たちが何山だとか何アルプスだとかわからないこと。真の山男への道のりはまだまだ遠い。

20180727岩を越えて

そこから結構ハードな岩場を経て小仙丈ケ岳(2864m)へ。

20180727小仙丈ケ岳からの甲斐駒
標識越しの甲斐駒がかっこいい。いつか登るぞ。

ここからは遥か下方に見えるキャンプ場まで一気に下ります。
ただしガレ場が多く足元が不安定なので慎重に。

20180727ゴールは遥か下方

20180727ガレ場を下る

そして登山開始から4時間40分後の13時10分、

20180727ゴール
無事下山。

天候に恵まれ、トラブルもなく、良い景色が見れて、ライチョウにも出会えたいい山行でした。初のトレランスタイルでの登山も問題なし。ルート上にはいい感じで水場があってしかも美味しい水。キャンプ場は広くて快適だし、ベースキャンプに大荷物を置いて装備を軽くするパターン、良いです。


あとはキャンプ場でまったりして楽しくキャンプして翌朝帰るのみ。
心配ごと(?)は雨が夜中に降りだすようなので片付けが面倒なくらい。

20180727山で食べるラーメンは美味い

ラーメンを食べたりシャワーを浴びたり川で遊んだりしていたら・・・


台風の影響で翌日のバスが運休するという突然のお知らせが!

あわてて荷物をザックに押し込んでなんとか最終バスに間に合いましたが、同じように帰る登山客で帰りのバスは大混雑。渋滞にも巻き込まれてずいぶん長い時間バスに揺られて甲府駅に到着。

20180727急いで帰らねば

最後は慌ただしくて大変だったけど、それでもなんとか無事に帰れて良かったとか、目的の山には行けたので今回の登山は成功だったとか、次回は情報をこまめに収集しておいたほうがいいとか、前乗りしたほうが時間に余裕があるので山の選択肢が増えるとかいろいろ勉強になった山旅でした。


と、終わったつもりでいたら・・・


まさか謎の液体騒動で帰りの中央本線が大混乱するとは。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1058-daa4f2a3