毎年恒例となったEES釣り部の琵琶湖合宿。

まったくはじめましての新入部員さん、知ってはいたけどお会いするのははじめてな方たち、そしておなじみのメンバー。ヤングから初老まで年齢層はさまざま、フル参戦・ハーフ参戦・ごはん参戦それぞれのスタイルで男女20名前後が集まってことしは6月2日・6月3日の2日間で開催されました。

前評判では釣れるパターンがはっきりしなくて難しいとのこと。
でも単発でもでっかいバスが釣れる可能性があるのでワクワクします。

20180602初日スタート右 20180602初日スタート左

そんなわけでゆるゆるっとスタート。


初日午前はヤスくんと一緒にフルムラさん艇。
フルムラさんは前日プラにも出ていたみたいだし、ボクにとってはラッキー船長なのでかなり期待していたのですが、たまたまみんなが集まっていたところで釣りあげたヤスくんを一躍スターにした一匹のみでボクにはアタリもなく終了。

20180602ヤスくんナイスバス


お昼休憩ではモリモトさんのひとり勝ち状態を確認。
それ以外は予想通り低調なようです。


初日午後はトシくんと一緒にONIさん艇。
いつもデカイ魚を釣ってくるイメージなので午後も期待してしまいましたがやっぱり状況は変わらず、トシくんがポツポツ(だったか?)と釣ったのみで時間が過ぎていきます。最後にONIさんがシャローをやってみようということで移動。ボクは一発逆転を狙ってブルフラット(大)を投入。なんとか終了10分前に49センチを釣り上げて初日終了です。

20180602トシくんとONIさんとバス

20180602初日はこの一匹だけ


夜は二日目とごはんだけ参加メンバーを加えて鍋パーティー。
いい感じに盛り上がって翌日に備えて爆睡です。


二日目午前はフクヤマくん艇。
朝イチに大船団ができているポイントに到着してすぐに連発。サイズはイマイチですが幸先の良いスタートでしたが、その後はアタリも遠くなり、フクヤマ船長が妄想60アップにラインブレイクされたところで大船団の殺気に押されて逃げるように移動。小バスたち戯れてから沖のポイントに移動しましたが、よくわからないままタイムアップです。

20180603朝の一本目 
20180603フクヤマくん小バスと戯れる


お昼に集まって情報交換。
やっぱり低調のようでしたが初日よりはマシになってきているようです。
ただしボクはここまで琵琶湖とは思えないようなショボい釣果。


二日目午後はコマツくんと一緒にアリさん艇。
アリさん船長ははじめてでしたが釣らせてくれる感があって大逆転に期待してしまいます。しかし何も起こらずいつの間にやら沖のポイントに釣り部のみんなが集合。先に入っていた人に話を聞くとみんなそこそこサイズを釣っている様子。見ているとまわりの船でもポツポツと釣れています。とここでコマツくんに50アップをキャッチ。船中が一気に盛り上がります。

20180603コマツくんナイスファイト

20180603コマツくんのナイスフィッシュ

ボクは釣ってる人からお昼にいただいたゲーリーのレッグワームを投入。


ウィードの上に放置・・・


疲れて食欲の無くなった57ゲット!

続けてそこそこのバスもキャッチ!

20180603やっと釣れたマシなサイズ


これにて終了。


終わってみれば二日目午後は数本の50アップが上がっていて最大はモリモトさんが初日に釣った59。以下、57・57・56・53・53・50・・・と60アップこそ出なかったものの、厳しいと言われながらもナイスサイズのバスが釣れるところはさすが琵琶湖。


合宿はまた来年だろうけど、それまでにまた行きたいと思います。

20180603お疲れ様でした!

お疲れさまでした!




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1051-84a6aa7c