4月の熊本タナゴ旅もいよいよ最終日。

前夜の豪雨は明け方にようやく上がりましたが今度は一転して寒い。
そして予想通り川はダダ濁り。

20180415濁ってる


最終日は時間も無いし川絡みのポイントは捨ててしまいましょう。



まずは今度こそはとオヤニラミ狙い。

雨の影響が良いほうに働いたのか巻き物にも好反応。
ただし軽くチュッとやって去っていくお洒落なフレンチキスバイトばかりです。
とりあえずヨコの動きに反応した個体をタテの動きでじっくり攻めて、

20180415オヤニラミ

ボウズを回避。


次にアブラボテポイントへ入りますがこちらも好反応。

しかも初日に入ったときよりも数も型も良い。

20180415シュッとしたアブラボテ
シュッとしたちょっと恰好良いアブラボテ
でもヌルっとしています。

20180415オシャレな尻ビレ

そして尻ビレのお洒落度は相変わらず高い。

20180415タナゴたち

ここではバラタナゴ混じりでアブラボテをまとめて釣ってタナゴボウズも回避できたので、
残り時間は次回を見据えた新規開拓。


しかしやっぱり甘くはなく、最後の最後にようやく見つけたヒラ打ちを打って、

20180415柿の種
まずは柿の種(マブナの子供)が数匹釣れた後、

20180415いいバラ

バリッとした色のでたバラタナゴを連発。


ここのポイント、まわりも良さそうな感じだったのでもっと探りたかったのですが、帰りの時間ギリギリになってしまったので残念ながら時間切れ。

20180415バラたち

でも最後の最後に次回につながる発見があったのは良かったです。


この続きはまた・・・来年かぁ。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1049-f3c1f600