2017年の秋はボートシーバスにすっかりハマっていました。


はじめてちゃんとオープンエリアの釣りを体験
ロングミノーのタダ巻きの威力を知り、対シーバスのビッグベイトの有効性を体感
いままで釣った記憶がほとんどない70アップを毎回キャッチして
自己記録も更新

そんな釣りを体験させていただいたシーホースさんに友人Oと釣り納めに行ってきました。

20171217出港です


出港前の船長さんの話によると・・・

ここのところ急に釣れなくなってベイトも居なくなり湾内のシーバスも激減
さらにこの日は真冬並みの寒波に北風も強く、釣りができるところも限られてしまう
そのため釣果も期待できず厳しい釣りが予想され

中止の提案も検討していたようなのです。


しかしビッグベイトをセットしたタックルを手にやる気充分なボクたちは
それでもなんとかなるんじゃないかということで無理を言って出船していただきました。


まずはストラクチャー打ちで一匹釣ってボウズを回避しておきましょう。

手堅く8センチ前後のミノーからスタートして、ダイビングミノー、バイブレーションとレンジを変えて探りますが、
本当にまったく反応がない。ならばと今年活躍したロングミノーやビッグベイトを投入してみても何事も無く帰ってくるばかり。

船長は移動を繰り返してどうにかボクらに魚を釣らせようとしてくれますが、
同じように反応がないまま時間だけが過ぎ、


最後には荒れるコノシロエリアで二人そろってビッグベイトを巻き倒し一発逆転を狙うも玉砕。


ノーバイト・ノーヒットでカスリもせず帰港。


しかし最後までやりきった、投げまくった、いっそ清々しいじゃないか
これはこれで良い釣り納めになったんじゃないか
とかワケがわからないことを考えていたら・・・



最後に寄り道したポイントでポロッとセイゴをキャッチ


釣れたのになんとなく残念な感じ。

20171217セイゴ

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1037-33aa506d