西表島三日目の朝は妖しい空模様。

20171014妖しい空

仲間川で連日釣りをすることもできましたが、諸々考えて本日は前良(マイラ)川で釣りをすることに変更。

しかし橋のうえから見えるマイラ川は見事に濁っていてとってもイヤな予感・・・

20171014マイラ川濁ってます


スタートしてすぐのポイントでボコッとゴマフエ

20171014ファーストフィッシュはゴマフエ
こんなに濁ってても釣れるじゃん、ってホッとする。

20171014濁ってます
釣れることがわかったのでいつもの調子で上流に向かいながらトップで両サイドを打っていきますが、

20171014雨のなかにサギ
いまにも振り出しそうだった雨が降り始め

20171014大雨
どしゃ降りになる。カヤックツアーの人たちも木の下で雨宿り。

そしてここまでスタート直後の一匹から2時間以上まったく音沙汰なし。

かなりヤバイ気配が濃厚です。


このままマイラ川をあきらめて別の川に移ろうかとかそのままカヤックを降りて陸っぱりに変えようかとか弱気になりつつトップからミノー、クランク、スピナベ、虫ワームなどいろいろ試していきますがやはり何の答えも得られないまま、フィッシングカヤックはいつしかただのジャングルクルーズと化していきます。

20171014当たりルアー
こんな窮地を救ってくれたのはこの日をイメージして購入したティムコの小さなスピナベもどき。


変えた一投目から強烈なバイトがあってからはバイト連発。

たまたま魚が溜まっているポイントに差し掛かったのかもしれませんが、それまでまったく無反応だっただけに一気にヤル気がでました。

ただしバラシも連発。テールスピンジグみたいなバランスなのでバラシやすいのかもしれません。


ヒットとバラシを数回繰り返してようやくキャッチしたのは、

20171014カマス
カマス・・・

でもさっきまでのバイトとは明らかに違うので連続バイトの犯人とは別の魚でしょう。


さらにたて続けてヒット。

なかなかいいヒキをするのでバラさないように慎重にファイトして無事ネットイン。


20171014ナンヨウチヌ1

20171014ナンヨウチヌ2

いいナンヨウチヌです。どうやら犯人はコイツらのようです。


20171014トップでも

この辺で水深が浅くなってきたのでカヤックを降りて陸っぱりでもチヌ

上流部はニゴリが薄くなっているかと期待して来てみたのですがここもニゴリがきつい。
クリアな水も流れ込んでいましたが、それ以上にフレッシュなニゴリ水がじゃんじゃん供給されてました。

20171014上流も濁ってます


ここで折り返し。

やはり雨もニゴリも相変わらずで魚からの反応もなく、ようやく上げ潮で入ってきた海水でニゴリの薄まったエリアまで来たところでマングローブ林に侵入してゴマフエ数匹をキャッチして終了。

20171014マングローブ林でゴマフエ1

20171014マングローブ林でゴマフエ2


こうしてかなりきびしい日&さびしい釣果になってしまいましたが、釣れないなりにいろいろ試してみて最後まで身の詰まった日になったと思います。

20171014ゴマフエアップ


が、やっぱり仲間川に行けばよかった。



とか思ったり思わなかったり。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1030-fed3e416