昨年12月に水元公園で本格的にデビューした小物釣り(タナゴ釣り)。(12月19日の記事参照
武者修行に出かけた埼玉の沼での師匠との出会い。(1月10日の記事参照
そして川越で受けた厳しい試練。(1月12日の記事参照

そして再びやってきました水元公園。
幾多の経験(3回だけですけど)によって私の釣技は磨かれているのか、いないのか。
試すには絶好のポイントです。
水元公園100123その1
公園に着くと散歩やサイクリングの人がかなりいます。
前回は釣りをしていなかった場所にも釣り人が入っています。

前回と同じポイントに入れるか心配になって、思わず早足になってしまいました。

あれ意外と釣り人が少ない。
前回と同じポイントにあっさり入れました。

この辺に釣り人がズラ~ッと・・・
おやっ水路にズラッと並んでいた釣り人が今日はいません。
なぜでしょう

11:40 釣り開始です。気温はただいま10℃。
気温100123
風も無く、陽があたってぽかぽか陽気です。
水温100123
水温は5℃、冷た~い。
水の色が前より悪く、土の色をしています。
前回は見えた水草が濁りのせいであまり見えません。
これが釣り人が少ない理由でしょうか。なんだかイヤな予感。


バス釣り風に言うと、
ウィードのポケットにベイトをソフトプレゼンテーションします。

まあ目の前の水草の隙間にエサを投入するだけなんですけど。

おおっすぐにアタリが
一投目で簡単に釣れました。

クチボソ4
小さいですがクチボソです。

その後も当たりは止みません。
しかも前回よりバツグンに針がかりがイイ
これが今回から投入した「極めタナゴ」効果か?!

さらに「沈めウキ釣り」をしているので当たりが良くでる
ウキの抵抗が少ないので食い込みもイイんじゃないでしょうか。

ポチョッと仕掛けを投入してエサが沈んでウキがなじむかなじまないかのタイミングで、
水中のウキがフワフワっと揺れます。
すっとアワセを入れるともうクチボソが掛かっています。

それがずっと続きました。

釣れ方に多少の波はあるものの、アタリは毎回あります。
エサ付け→投入→ヒット→ハリはずし→エサ付け→投入→ヒット・・・・
まさに釣りマシーンと化して次々に釣り上げます。

気が付くとシラサギがすぐ横で釣れた魚を横取りしようと狙っています。
狙われてる!
サギに選ばれる。
これぞ釣れてる男の証明です。

こんなに釣れるものだからメモに「正」を書いて数を数えてみました。
そして50匹の目標が100匹になり・・・
14:20 開始から2時間40分で目標の100匹達成
しかし、そこはバカ釣り人(≠釣りバカ)なので止める事が出来ません。

・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・

15:00になって寒くなってきたのでようやく止める決心がつきました。

ここまで3時間20分、飲まず食わずでほとんど休憩なしに釣り続けました。
最終的には132匹
約1分30秒に一匹の計算です。

大漁!
大漁画像です。

これが多いのか少ないのかは判りませんが、個人的には満足です。
ちょっと小物釣りが上手くなったんじゃないかと勘違いしてしまいました。

しかも一辺30cmも無いような狭いポイントでの釣果。
どんだけいるんだよ。クチボソ。




Σ(゚д゚;)ハッまたタナゴ釣れてないっ!!


ブログ
タナゴランキングに参加中。下のバナーをポチッとお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/103-3f18351b