西表滞在三日目のメインは仲間川でカヤックフィッシング。

石垣島在住のriseさん(魚関係のお仕事)と同じく石垣島のNさん(魚専門の画家)がタンデム艇、関西在住のHさん(ルアーメーカー)、東京のボク(釣り好き)がそれぞれシングル艇の4人3艇の「釣り仲間」で出発です。


仲間川だけに・・・


スタート直後は干潮潮どまりだったので反応がイマイチ。
トップが不発だったのでHさんのブランド「かねは商店」のプロップスプーンでオキフエ。

20170519オキフエ

フロントにペラが付いているので引き抵抗もあって使いやすいしかなり釣れそうなんだけど、
まだ使い方がよくわかっていなくてなんだかスイマセン。



しばらくすると遊覧船が走り始めたのでそれを避けてみんな支流に逃げ込みます。

ボクは以前良い思いをした支流を目指しましたが同じことを考えている人に先に入られてしまいました。

そのまま同じ支流に入って一緒に釣りをすることも考えられましたが、ボクは勝手にライバル心を燃やしているので同じ支流に入って仲良く魚をシェアすることなんてできません。ましてや皆さん手練れたちなので釣り勝つことは難しいでしょう。

なのでボクはその近くの小さな支流へ。


しかしこれが大当たりでした。

そこらじゅう倒木だらけで投げにくいのですが、岸際でも流れの真ん中でもトップウォーターが倒木を横切るように通過するとほぼ100%反応があります。デカそうな魚は一発ラインブレイクしてしまいましたがたくさんのゴマフエが遊んでくれました。

20170519ゴマフエ120170519ゴマフエ220170519ゴマフエ3
20170519ゴマフエ420170519ゴマフエ520170519ゴマフエ6


支流でゴマフエを堪能したあとは本流のブッシュまわりを攻めるとそこはチヌゾーン。
ポッパーをポコポコやっているとチヌが群れでついてきてチュボっと甘噛み。

一発でヒットしなくてもネチネチ動かしているとまたアタックしてきます。

なかなかフッキングしませんが一発ヒットのゴマフエとはまた違った楽しさです。

20170519チヌ1

20170519チヌ2


やがて本流で本命視していたポイントへ差し掛かりました。

そしてたまたまマングローブの根元ギリギリにキャスト成功。

ボシュッ!

「落ちパク」で喰ってきたのは待望のテッポウウオです。一丁め。

テッポウウオ1

テッポウウオアップ
福々しくていい面構え。


そのまま岸沿いに生えたマングローブの根ギリギリを狙っていきますが、ギリギリを狙いすぎてミスキャスト連発。

20170519ゴマフエ7

それでもチヌやゴマフエは釣れることがありますがテッポウウオはギリギリキャストが必須なのであきらめずに狙い続けて

テッポウウオ2
二丁め。これも落ちパク。


終了間際にも追加してこの日はテッポウウオ三丁。やはり落ちパク。

テッポウウオ3


終始雨が降るあいにくの天候でしたが、良い釣りができたのでまったく気になりませんでした。


西表島サイコー!たーのしーいー!


ブログランキング参加中。たまにこんな良い日もある。
にほんブログ村 釣りブログ 沖縄釣行記へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/1014-fcdb9c11