ここのところのタナゴ釣りはやや苦戦つづき。
年が明けてからは釣れる匹数もグンと少なくなって、釣れたとしても極小の豆バラ。
幽かなアタリをとらえる楽しさはあるのですが、いかんせん釣れる魚が地味なのです。

そろそろ色のついた大きめのタナゴが釣りたくなってきました。

まだまだ真冬の寒さは続いていますが、ことしも2月4日に立春を迎え、
気の早いヤツはそろそろ婚姻色も出はじめてキレイになってくる頃かも・・・

20130209タナゴ1

そんな期待をしつつ手賀沼へ行ってきました。
... 続きを読む