サブサーフェイス(水面直下)をただよう小魚のようなフライを作ってみよう。

そう思って、ソルトウォーターフライの本で見かけたパターンをマネして作ってみました。
「ラビットキャンディ」です。

フライの本 ←参考にしたのはこの本です。

... 続きを読む

来るべき日に備えてシューティングバスケットを作りました。


これで足元に散らばったラインをしまっておくことが出来るので手返しが良くなることでしょう。
また、ウロウロしてラインを踏んだりして傷つけてしまうことも防げるハズです。

ただしこのシューティングバスケット、お店でちゃんとしたものを買うと3,000~8,000円くらい。
「なんでこんなものがこんな値段?」ランキングで上位に位置してしまいます。
なのでネットで作り方を調べて自作してみました。


ラインを入れるカゴの大きさは普通のフルライン30ヤードが入ればいいので小さめでOK。
100円ショップで105円です。
ラインの絡み止め(?)のピンみたいなものは、コーキング材の取り替えノズルで127円。
それを家にあったタイラップで止めて、またまた家にあった何かのストラップをつければハイ出来上がり。

自作シューティングバスケット1号。

しめて実費で232円なり。うむ、安い。



自作バンザイ!


出てきた単語のイミがわからない方は調べてみてください。
不親切でスミマセン。


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。


釣りになかなか行けていないので、来るべき日に備えてバスバグを巻いてみました。

レッドヘッド!

今回はかなり密に巻いたのでボディは以前のものよりみっしりしてるでしょ?


ラバーの脚も付けたし、目玉も付けた。
全体的にレベルアップ出来ているのではないかと自分に優しい評価を下しました。

しかし終盤になって巻いているフライの顔まわりはスッカスカ。
口のまわりは汚い。
雑です。


そして製作所要時間は・・・・・




なんと3時間!!!

時間掛かりすぎです。
徹夜しちゃうかと思いました。



いくつも改善点がわかったのでもっと巻きたいケド、こんなに時間が掛かっては尻込みしてしまいます。



ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。

↑今度は実釣編でこのバナーを使いたいものです。

結構昔に巻いたカエルのフライ。

ボディにムラが多く実用に耐えるものか疑わしいですが、丁寧に作っています。

カエルのフライその1。

カエルのフライその2。

カエルのフライその3。

頑張ったんだなー、オレ。


ちなみに、こちらを参考にしました。



もうちょっと釣りの記事が書きたいデス。


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。


以前、私が巻いた通称「松ぼっくり」ことバスバグ
ぽっちゃり過ぎて風の抵抗が大きく、うまく飛ばなかったのでお蔵入りになっていました。


そんな彼に光を当てるべくダイエットを敢行。


これが・・・
BEFORE。


・・・こうして・・・
施術開始!


・・・こうなりました。
AFTER。


う~ん。

もう一回ちゃんと巻こう。


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。